JURY

陪審裁判基礎講座 | イベント告知おすすめリンク
過去ログ倉庫 | 陪審裁判を考える会とは | 推薦図書連絡・質問等Home



裁判員制度の
見直しに向けて

会場:東洋大学5号館 5201教室
参加申込不要・入場無料(定員30名)
日時:2010年12月18日
午後1時〜午後5時


ブログ



日時:2010年12月18日(土) 13:00〜17:00
会場:東洋大学(白山キャンパス/5号館2階5201教室、正門から入った正面奥の建物です)クリックでアクセスマップ表示
テーマ:裁判員制度の見直しに向けて
費用:無料(懇親会・忘年会参加費は別途)

パネリスト(話題提供者):アイウエオ順

1.荒川歩 さん(武蔵野美術大学専任講師)
「裁判員制度に対する市民の不安とその心理学的研究」

2.斉藤哲 さん(獨協大学教授)
「裁判員制度の社会に与えた影響」

3.敷田みほ さん(裁判員裁判を育てる市民の会 事務局)
「市民の目線から見た問題点」

4.庭山英雄 さん(陪審裁判を考える会代表、弁護士)
「陪審制度の視点から見た裁判員制度の見直し」


13:00開会 (庭山代表開会の辞)
13:10分〜15:00の前半は、各パネリストの方々から20分程度話題を提供して頂き、その後5分程度質疑応答を致します。休憩を15分とり、15:15〜17:00の後半は、パネリストを中心にして全体討論を致します。コーディネーターは、必要に応じて事務局でやらせて頂きます。

17:30分〜 懇親会兼忘年会(費用は3000円前後)

事務局(文責:滝田清暉)


東洋大学5号館



大きな地図で見る



主催 陪審裁判を考える会